【Ubuntu16.04】WordPressでSSH2を使えるようにする

SSHをサポートさせる

wordpressでFTPは標準サポートされていますが、SSH2による接続は出来ません。

普段はSSHで接続しているのに、Wordpressを更新するためにFTPを導入しているっという状況も珍しくありません。セキュリティー的にFTPでは不安という方もいらっしゃると思います。

プラグインでSSH2接続をサポートさせることは出来ますが、余計なプラグインを入れたくない。。。

私のサーバーはFTP自体が使えませんので、SSH2接続をWordpressの標準機能のような形に変えます。
テーマのプレビューを選んだ際、サーバーにテーマのデーターを仮ダウンロードできない事態に陥っていたため、今まで白い画面しか出ない状態でした。SSH2接続を標準機能にすることで解決できます。

 Ubuntu16.04にSSH2ライブラリをインストールする

Ubuntuのターミナルを使って、PHPでSSH2を使えるようにするたために、ライブラリを導入します。
それっぽいライブラリを片っ端から入れてみる。

そしてapacheを再起動。

# aptitude install libssh2-1 libssh2-1-dev php-pear php-dev php7.0-cli php-ssh2
~ 略 ~
Do you want to continue? [Y/n/?] y

# systemctl restart apache2

wordpressでSSH2の設定をする

wp-config.phpにSSH2を使えるように記述。
“*****”の部分は各自自分のあった環境で記述する。

// SSH 設定
define(‘FS_METHOD’,’ssh2′);
define(‘FTP_USER’, ‘*****’);
define(‘FTP_HOST’, ‘localhost’);
// SSH 設定 ここまで

これでWordpress上から更新などがSSH2を使って更新出来るようになる。

ワードプレス/wordpress の設置方法

ワードプレスの設置

ワードプレスを設置する実際の方法から記事投稿を動画にまとめました。

https://youtu.be/DvBBWocMndk

レンタルサーバー:ロリポップ

プラン:ライトプラン(250円~)

を使います。

【Ubuntu】インストール済パッケージを確認する方法

apt-getなどで、どんなパッケージをインストールしたかを確認する方法を意外に忘れやすい。。。
メモをとっておく。

基本的には以下のコマンドを使う。

# dpkg -l

このままだと大量に出力されてしまうので、キーワードで絞り込む。

# dpkg -l | grep openssl
ii libgnutls-openssl27:amd64 3.4.10-4ubuntu1.4 amd64 GNU TLS library – OpenSSL wrapper
ii openssl 1.0.2g-1ubuntu4.10 amd64 Secure Sockets Layer toolkit – cryptographic utility

 

 

第2回目 トポロジ

トポロジとはコンピュータやネットワーク機器の接続状態の事です。トポロジには種類があり、どのトポロジを使うかには利用するプロトコルによって決められています。

LANとWANで使われる代表的なトポロジを紹介します。

バス型

バス型のトポロジは1本のバスと呼ばれるケーブルに各コンピュータなどの機器(ノード)を接続します。バス型には同軸ケーブルが利用され、両端にはターミネータ(終端抵抗)を取り付けてケーブルの端に到達した電気信号が反射して通信の妨げになるのを防ぎます。

バス型は全てのノードが1本のケーブルを共有するために1箇所でも切断されるとネットワーク全体が機能しなくなります。また拡張性にも欠けるため、現在は利用されていないトポロジです。

スター型

スター型のトポロジは1つの集線装置を中心に、その他のノードをケーブルで接続します。集線装置にスポーク状にリンクが接続されるため、ハブ・アンド・スポークとも呼ばれます。

スター型では1本のリンクが断線しても影響を受けるのはそのリンクを使用したノードだけで、その他のノードは影響を受けることなく通信し続ける事ができます。スター型は扱いやすく、拡張性も高いため現在のLAN構築で一般的に使われるトポロジです。

ネットワークに接続するノードが多い場合、集線装置同士を接続してスター型を拡張します。このようなトポロジを拡張スター型と言います。

リング型

リング型のトポロジは、隣り合うノード同士をリング状に接続します。トークンリングやFDDIなどがこのトポロジを使います。

リング内はトークンと呼ばれる信号が同一方向で周回しています。データはトークンに付加されて送信され各ノードを順番に巡回します。自分宛てのデータを受け取ったノードはトークンからデーターを受け取ります。このトポロジはノードが同時にデータを受信することによる衝突が発生しない利点があります。

メッシュ型

メッシュ型のトポロジは、複数のノードを網目状に接続する構成です。主にWANで接続される接続形態になります。「フルメッシュ」と「バーチャルメッシュ」の2つに大別されます。

フルメッシュ型のトポロジは全ての拠点を相互に接続して直接通信をします。特定のリンクやノードに障害が発生しても、他のリンクやノードを経由して通信を継続します。フルメッシュ型は高い冗長性を持ち、最も信頼性が高いトポロジです。コストが高くなることが弱点です。

バーチャルメッシュ型のトポロジは、重要な拠点だけを相互に接続し直接接続されない部分があります。フルメッシュ型に比べてリンク数が少なくすることができ、コストを抑えることが可能になります。一定の信頼性の両立が取れます。

第1回目 ネットワーク概要

ネットワークとは、複数のコンピュータや電子機器をケーブルや電波などで相互に接続し、電子情報をやりとりする仕組み。正式にはコンピュータ・ネットワークと呼ばれる。欠かせないインフラの一部になっている。

ネットワーク構成要素

コンピュータ・ネットワークを構成する物理的な要素に、ノードリンクがあります。
ノードはネットワークを構成する一つ一つの要素を表します。スイッチやルータなどのネットワーク機器、ネットワークに接続されたコンピュータやプリンタなどを総してノードと言います。
ノード間はリンクで接続されます。

LANとWAN

ネットワークは接続範囲によってLANとWANの2種類に分類することが出来ます。

LAN

LAN(Local Area Network)は、限られた狭い範囲におけるネットワークです。建物や敷地内など限られた範囲にある機器を接続して構築されたネットワークを表します。

WAN

WAN(Wide Area Network)は遠方のLANとLANを相互に接続したネットワークです。企業であれば本社と支社との接続がWANに相当します。WANは電気通信事業者がサービスするWANや、インターネットプロバイダを利用して通信をやり取りします。

インターネット

インターネット(The Internet)は、世界中の様々なネットワークを通信規格であるTCP/IPによって相互接続した巨大な世界規模のネットワークです。インターネットは誰でも自由に利用することが出来き、パソコンだけではなく携帯電話、スマートフォン、ゲーム機、PDAから接続して情報のやり取りを行います。

インターネットに接続する際はISP(Internet Service Provider)の事業者と契約する必要があります。インターネットの技術を使って構築された企業内ネットワークをイントラネットと呼びます。イントラ(intra)とは”内部の”という意味を持ちます。

関連会社なども含めて外部のネットワークを経由して構成されるネットワークをエクストラネットと呼びます。