第1回目 ネットワーク概要

ネットワークとは、複数のコンピュータや電子機器をケーブルや電波などで相互に接続し、電子情報をやりとりする仕組み。正式にはコンピュータ・ネットワークと呼ばれる。欠かせないインフラの一部になっている。

ネットワーク構成要素

コンピュータ・ネットワークを構成する物理的な要素に、ノードリンクがあります。
ノードはネットワークを構成する一つ一つの要素を表します。スイッチやルータなどのネットワーク機器、ネットワークに接続されたコンピュータやプリンタなどを総してノードと言います。
ノード間はリンクで接続されます。

LANとWAN

ネットワークは接続範囲によってLANとWANの2種類に分類することが出来ます。

LAN

LAN(Local Area Network)は、限られた狭い範囲におけるネットワークです。建物や敷地内など限られた範囲にある機器を接続して構築されたネットワークを表します。

WAN

WAN(Wide Area Network)は遠方のLANとLANを相互に接続したネットワークです。企業であれば本社と支社との接続がWANに相当します。WANは電気通信事業者がサービスするWANや、インターネットプロバイダを利用して通信をやり取りします。

インターネット

インターネット(The Internet)は、世界中の様々なネットワークを通信規格であるTCP/IPによって相互接続した巨大な世界規模のネットワークです。インターネットは誰でも自由に利用することが出来き、パソコンだけではなく携帯電話、スマートフォン、ゲーム機、PDAから接続して情報のやり取りを行います。

インターネットに接続する際はISP(Internet Service Provider)の事業者と契約する必要があります。インターネットの技術を使って構築された企業内ネットワークをイントラネットと呼びます。イントラ(intra)とは”内部の”という意味を持ちます。

関連会社なども含めて外部のネットワークを経由して構成されるネットワークをエクストラネットと呼びます。