第7回目 MACアドレス

MACアドレス

イーサネットや無線LANにおいてフレームの送信元や宛先を識別するためのアドレスです。ネットワークに接続可能な全ての機器にあらかじめ割り当てられているため、「ハードウェアアドレス」、「物理アドレス」とも呼ばれます。

MACアドレスの長さは48ビット(6バイト)あります。「-」や「:」で区切って16進数表示で表記します。

アドレスの構成

48ビット中、前半の24ビットはOUI(Organizationally Unique Identifier)といい、MACアドレスを持つ機器のベンダを表す識別子です。別名「ベンダコード」とも呼ばれています。IEEEが各ベンダに異なる値を割り当てて管理しています。

後半の24ビットは、ベンダが自由に割り当てができます。各ベンダは製造した機器に重複しないように割り当てます。これによってMACアドレスは固有のものとなり、LAN上に存在る全てノードは異なるMACアドレスを持ちます。

アドレスの種類

MACアドレスは3種類に大別されます。

  • ユニキャストMACアドレス・・・・・・・・・特定のノードへの通信(1対1)に使用します
  • マルチキャストMACアドレス・・・・・・・・特定のグループへの通信(1対n)に使用します
  • ブロードキャストMACアドレスアドレス・・・全ノード宛の通信(1対全)にしようします

イーサネット規格の命名規則

IEEE802.3規格では様々な伝送媒体が規格されています。命名規則によって名前の付け方が決まっています。

[通信速度][伝送方式]-[ケーブルの種類]

例)100BASE-TX

通信速度が100Mbps
伝送形式がデジタル信号をそのまま送信する「ベースバンド方式」
ケーブルの種類がT(ツイストペアケーブル)、X(ANSIの技術仕様を利用している)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です