[さくらのVPS + Ubuntu18.04] サーバーの初期設定をする

Ubuntu18.04サーバーの初期設定をする

前回でさくらのVPSにUbuntu18.04サーバ版をインストールしました。
まずは使い始め前のサーバ初期設定を行っていきます。

インストール初期状態でSSH接続が可能ですので、teratermなどでサーバへ接続します。

1.システム最新化

まずはインストールされているアプリケーションを最新化しておきます。バグなども多く修正されておりますので最新版にします。

$sudo apt update
[sudo] password for ***: 自身のパスワード入力
$sudo apt upgrade -y

しばらく待つとアプリケーションが最新版にアップグレードされます。

2.rootユーザーを作成

サーバーを色々と操作する際に、ユーザー権限では毎回sudoというコマンドを入力せねばならず労力となりますのでrootユーザーを作ります。

$sudo -s
[sudo] password for ***: 自身のパスワード入力
# 遷移完了
# passwd root
Enter new UNIX password: rootユーザパスワード入力
Retype new UNIX password: 確認再入力
passwd: password updated successfully
# exit  自身のユーザーへ戻る
exit

$ su –
Password: rootユーザパスワード入力
# 遷移完了

3.vimの設定

テキストエディタはコンフィグ設定など非常に使う機会が多いために便利なよう設定しておきます。

#apt install vim -y
#vi ~/.vimrc

[新規ファイル]
” vim の独自拡張機能を使用(viとの互換性無し)
set nocompatible
” 文字コードを指定
set encoding=utf-8
” 自動認識させる改行コードを指定
set fileformats=unix,dos
” 検索語にマッチした単語をハイライト
” 逆は [ set nohlsearch ]
set hlsearch
” 行番号を表示
” 逆は [ set nonumber ]
set number
” 改行 ( $ ) やタブ ( ^I ) を可視化
set list
” 括弧入力時に対応する括弧を強調
set showmatch
” 構文ごとに色分け表示
” 逆は [ syntax off ]
syntax on
” [ syntax on ] の場合のコメント文の色を変更
highlight Comment ctermfg=LightCyan
” ウィンドウ幅で行を折り返す
” 逆は [ set nowrap ]
set wrap

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です