WordPress記事投稿画面にオリジナル領域を入れるボタンを追加する

記事を投稿する際、オリジナルの領域を入れたい事はありませんか?
マークアップ言語にはH1、H2、H3のようなタイトルや題名で使われる要素は用意されています。

補足事項や注意事項、注意書きなどと言った特別に強調したい文章を入れたい場合、
文字の色を変える、大きさを変える、太文字にする、改行するなどと言った事しか出来ません。

右側にあるビジュアル、テキストをテキスト側に切り替えてHTML言語でマークアップして
デザインとなるCSSを近くに書いて~などは出来ますが、専門的な知識が必要なため、
全員ができる訳ではありません。

文字の色を変える、大きさを変える等といった操作と同じように、
マウス操作だけでデザインを変更できるようにします。

そのためにはfunctions.phpとstyle.cssにコードを書き込む必要があります。

functions.php

function original_markup_editor_setting($init_original_markup) {
//独自マークアップ追加
$style_formats = array(
array(
‘title’ => ‘補足情報’,
‘block’ => ‘div’,
‘classes’ => ‘point’,
‘wrapper’ => true
),
array (
‘title’ => ‘注意書き’,
‘block’ => ‘div’,
‘classes’ => ‘attention’,
‘wrapper’ => true
),
array (
‘title’ => ‘コード’,
‘block’ => ‘div’,
‘classes’ => ‘DOWATAcode’,
‘wrapper’ => true
)
);

$init_original_markup[‘style_formats’] = json_encode($style_formats);
return $init;
}
add_filter(‘tiny_mce_before_init’, ‘original_markup_editor_setting’);

//スタイルメニューを有効化
function add_stylemenu($buttons) {
array_splice($buttons, 1, 0, ‘styleselect’);
return $buttons;
}
add_filter(‘mce_buttons_2’, ‘add_stylemenu’);

WordPressの記事で使用しないH1要素を使えないようにする

投稿画面でH1要素を使えないようにする

WordPressの記事でH1要素は記事タイトルで使われる。article要素内にH1要素は1つとされています。本文中に複数のH1要素があるとSEO的に良くないとされています。投稿の編集画面で元から選択できないようにする事で選択ミス、ヒューマンエラーを起こさないようにします。

functions.phpに記述することで選択肢から削除することが出来ます。

function editor_setting($init) {
//使わないH1要素を外す
$init[‘block_formats’] = “見出し2=h2;見出し3=h3;見出し4=h4;見出し5=h5;段落=p;”;
return $init;
}
add_filter(‘tiny_mce_before_init’, ‘editor_setting’);

上記のコードでH1要素を選択肢から外すことが出来ます。

注意事項

選択肢を変数$initに格納してadd_filterで設定を投げ込むわけですが、

“”で囲った設定内容にスペースを入れると機能しなくなるようです。要素を選択しても無反応となり、私の場合マークアップできなくなりました。

イコールを見ると両側をスペースを入れたくなるのですが、今回は駄目なようです。

フリーの画像素材をWordPressで簡単手軽に利用する

フリーで利用できる画像素材

フリーで利用できる画像素材には様々なものがあります。

ここでは「Pixabay」から入手できる画像を利用します。高画質・高解像度の画像が数多く手に入ることは勿論、全ての画像がCCOのライセンスとなっており、商用問わず、コピー、改変、そして再配布が認められています。著作者のクレジット表記やリンク等も必要ではありません。

そこで、プラグインを活用して、記事の編集画面からPixabayの画像を手軽に検索・活用できるように設定します。

プラグイン導入手順

  1. ダッシュボードの画面から、プラグイン→新規追加を選びます。
  2. 検索キーワードに「Pixabay」と入力、検索結果にPixabay Imagesが表示されます。
  3. 今すぐインストールを選択します。
  4. プラグインのインストールが終了すると、ボタンが有効化に変化します。有効化を選択します。
  5. プラグインの利用中を選択してPixabay Imagesが表示されてたら利用できるようになっています。お疲れ様でした。
  6. 投稿の編集を確認するとPixabayのボタンが増えてますね。

Ubuntu16.04でApache2のバーチャルホスト設定

複数ドメインで利用するバーチャルホストを使えるようにする

動作環境

  • Ubuntu16.04LTS
  • Apache2

1つのWEBサーバーでバーチャルホストを設定し、複数のドメイン名を利用できるようにします。
HTTPサーバApache2のvirtual.host用設定ファイル新規作成する。

# vi /etc/apache2/sites-available/virtual.host.conf

<VirtualHost *:80>
ServerName dowata.com
ServerAdmin webmaster@dowata.com
DocumentRoot /home/dowata/public_html
ErrorLog /var/log/apache2/dowata.com.error.log
CustomLog /var/log/apache2/dowata.com.access.log combined
LogLevel warn
</VirtualHost>
<VirtualHost *:80>
ServerName www.dowata.com
ServerAdmin webmaster@dowata.com
DocumentRoot /home/dowata/public_html
ErrorLog /var/log/apache2/dowata.com.error.log
CustomLog /var/log/apache2/dowata.com.access.log combined
LogLevel warn
</VirtualHost>

# a2ensite virtual.host
Enabling site virtual.host.
To activate the new configuration, you need to run:
service apache2 reload

サービスのリスタートを要求されたのでリスタートさせる。

# systemctl restart apache2